1万円でコーデするならどうする?例を挙げて解説

あなたが1万円でコーデしたいときどうしますか?案外なにも考えずに買ってしまうと予算を超えている、なんてことありますよね。この記事では、ユニクロ、GUに絞ってパーツ別に1万円でコーデを完成させるのに使える例を紹介します。 靴 まず靴から考えていきましょう。ファッションにおいてとても重要です。全体で見た時に見える割合は小さめですが、靴で印象が変わってしまう事もしばしばあります。値段もピンキリですが、コスパの良い物だと「コンバース」が思いつくかもしれませんが、ローカットのコンバースでも4000円を超えてしまいます。今回は1万円の予算なので、40%を靴に割くのは厳しいですね。GUのスニーカーなら「1990円+税」程度で購入できます。ローファーなら「990円+税」で売られているものもありますので、かなり抑えられますね。 ボトムス 次はボトムスですが、これはユニクロがおすすめです。ユニクロのボトムスは値段の割に質が高く、最強のコスパといっていいでしょう。安くて使えるボトムスはユニクロで探すのが一番かと。ただ、GUにも1990円程で買えるパンツもあるので、靴やトップスとの組み合わせを考えて選ぶとよいでしょう。GUのローファーとパンツに揃えれば3000円なので、トップスに7000円かけられることができます。 トップス まず第一に紹介したいのがGUのオックスフォードシャツ。しっかりしたシャツなのに1000円で買えるお買い得品です。これに丁度良く合わせられるのがユニクロのデニムジャケット。デニムジャケット自体汎用性が高いですし、「2990円+税」で得られるクオリティとしては最高峰になります。ほかにも、ユニクロのシャツならオープンカラーシャツ(2990円+税)、ソフトタッチハイネックT(790円+税)などもおすすめです。 帽子 上記までで一通り揃いましたが、それでもまだ余裕があると思うので、好みのイメージに合わせてストリートカジュアルのようなキャップや冬場のニット帽など1000前後で帽子を入れることもできます。 参考 以上をまとめて一例をあげてみると、以下のようになります。 GU・スニーカー:1990円+税 ユニクロ・黒ジーンズ:2990円+税 GU・オックスフォードシャツ(グレー):990円+税 ユニクロ・デニムジャケット:2990円+税 ユニクロ・ニット帽(紺):990円+税 合計:9950円+税 まとめ 総括してみると、ユニクロ、GUで靴に2000円、ボトムス2000円、トップス4000円~5000円、必要であれば帽子に1000円くらいの分配で揃えると丁度よく1万円のコーデが出来上がります。今回はユニクロ・GUに絞ってみてきましたが、値段の面ではしまむらでコーデを揃えるのもありかと思います。また、週末限定セールなど割引の機会も利用すれば少し高い服でも予算圏内になったりしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。
読み続けて

秋冬のメンズ・レディースファッションについて解説

寒くなるとついつき暖かさ重視になってしまい、おしゃれを忘れがち。冬場はコートやジャケットなどを着るのでおしゃれをしても意味がないと思っていませんか?秋冬こそ重ね着ができるので、おしゃれを楽しむことができる季節です。 ここでは秋冬のメンズ・レディースのファッションについてまとめてみましょう。 秋冬のレディースファッション レディースファッションは、パンツやスカートによっても雰囲気が違いますし、たくさんのテイストがあり、アイテム数も多いので、自分に似合う着こなしをすることがポイントになります。 その中で、流行のトレンドを意識したアイテムを取り入れればおしゃれに見えるでしょう。今季のトレンドとしてナチュラルカラーは欠かせません。ナチュラルカラーは、春夏から人気がありましたが、秋冬も変わらず人気を集めそうです。 ベージュ、ホワイト、エクリュ、ブラウンなどのカラーは秋冬にもぴったりのカラーですよね。 メンズライクなビッグシルエットが人気 今季はメンズサイズのビッグシルエットのトップスが人気です。ゆったりと着こなすことで体型カバーにもなりますね。レイヤードスタイルも人気です。またレトロ柄も人気があります。秋冬はついつい落ち着いたデザイン、カラーを選びがちですが、トップスやボトムスに柄物を持ってくるだけで一気に雰囲気が変わりますよ。そのほかセットアップなども簡単におしゃれできるので人気があります。 秋冬に試したいメンズファッション 秋冬のメンズファッションでぜひ取り入れたいのが「テラコッタカラー」です。テラコッタカラーのニットはとても人気があるので1枚あると重宝しそう。ブラックやネイビーカラーとの相性も抜群です。 ウールニットは1枚で着てもOKですし、中にシャツを合わせてもおしゃれですよ。重ね着することによって印象が変わるのでうれしいですね。トレンドとしてはゆったりしたビッグシルエットがレディースと同様流行っています。ごわつきが少なく、使いやすいでしょう。 アウター選びでおしゃれが決まる 秋冬のメンズファッションはアウター選びで左右されると言っても過言ではありません。キレイ目に見せるのであればチェスターコート、カジュアルでありながらきちんと感を出したいのであればダッフルコートがおすすめです。ロング丈とYラインシルエットのアウターは大人っぽくおしゃれに見えますよ。 まとめ 秋冬のファッションは、ブラックやブラウンなどのダークカラーで統一されて、どうしても重くなりがちです。アウターを脱いだら少し差し色になるカラーを取り入れてみるのもよいかもしれません。 また小物などでトレンドを意識したアイテムを取り入れるのもよいですね。
読み続けて

春夏のメンズ・レディースファッションについて解説

ファッションセンスを良くしたい!おしゃれなファッションを着こなしたい!と思っている方は多いでしょう。春夏のファッションは薄着になるので、おしゃれも楽しくなります。 しかしその反面、体のラインが出やすいので自分に似合う服を着なければおしゃれに見えないでしょう。ここでは春夏のメンズ、レディースファッションについてまとめてみましょう。 春夏のレディースファッション レディースの春夏のファッションといえば、パステルカラーを取り入れたコーデは忘れてはいけません。パステルカラーは毎年流行りますが、春になって暖かくなると明るい色が着たくなるもの、秋冬はダークカラーばかりだった方も春夏には明るめの色を取り入れたいですね。 2020年の春夏のトレンドは? 2020年の春夏トレンドとして、ストライプのパンツやパンツスーツなどパンツルックの人気が出そうです。パンツは今季のトレンドの流れのまま、ゆったりしたデザインが多いですが、ウエスト部分をベルトでしっかりと強調するコーディネートがトレンドになりそう。 1960年代を意識したファッションを各ブランドが取り入れていますよ。また袖に大きなフリルが付いたデザインも人気で、二の腕が気になる方の体型カバーにもぴったりです。 さらに肩パッドの再来もあるでしょう 春夏のメンズファッション レディースと同じように、メンズファッションにおいても、暖かくなる春夏ファッションは明るめのカラーを取り入れるのがおすすめです。特に、2020年は白を取り入れたスタイルがトレンドになりそう。白ジャケットは少し気恥ずかしいと思う男性もいるかもしれませんが、白ジャケットで白アイテムを取り入れると、おしゃれにみられますよ。 白のリネン生地であれば、リゾート感がありながら、清涼感があり、さわやかでおしゃれにみられます。 シャツコーデでカジュアルでありながらきちんと感をアピール メンズファッションではTシャツなどをさらりと着こなす方が多いかもしれませんが、シャツを1枚羽織るだけでおしゃれで着こなれた感がでるでしょう。 薄いデニム系シャツ、リネンシャツなど素材や柄、色合いでいくつか持っておくと、ファッションコーデに幅が出るのでおすすめです。 まとめ 春夏は寒い冬が終わり、おしゃれが楽しくなる季節です。 薄着の時期だからこそ、素材やデザイン、形、色にこだわったファッションを取り入れたいですね。冬場には着にくい白、ピンクなどの淡い色をうまく取り入れることでおしゃれ度が増しますよ。自分に似合うスタイルばかりを続けるのもよいですが、たまにはファッションでも冒険をしてみるのもおすすめです。
読み続けて

小物の選び方の基本について解説

いくらおしゃれな服を着ていても、カバンやアクセサリーなどの小物がダサいと一気におしゃれ度がなくなってしまいます。逆にファッションはシンプルであっても、小物選びにセンスがある人はとてもおしゃれに見えるものです。つまり小物選びはおしゃれの基本といえるでしょう。小物の選び方によってセンスが問われます。ここでは小物の選び方の基本についてまとめてみましょう。 シンプルでどんなファッション、カラーにも似合うものをチョイスしよう 小物選びの基本としては、シンプルなものをチョイスすることです。 アクセサリーにしてもカバンにしても、シンプルでは流行に左右されないアイテムであれば、長く使うことができます。シンプルで飽きの来ないデザインのものであれば、ハイブランドのものを購入して、長く愛用するのもよいでしょう。 シンプルなアイテムであれば、着る服やカラーを選びません。またシーズンを問わず使えるものであればすごくよいですね。 差し色になるカラーをチョイスする 服ではトレンドカラーなどちょっと冒険する色を挑戦するのは恥ずかしい、難しいという人は多いはず。そんなときは、カバンやマフラー、スカーフなどちょっとした小物でトレンドカラーをうまく取り入れてみましょう。 例えばレオパード柄が流行っている場合に、洋服で取り入れるのはちょっと躊躇してしまうかもしれません。 しかし、スカーフやカバン靴などワンポイントで使うのであればチャレンジしやすいです。 ワンランク上のおしゃれ上級者になるには小物使いが大切 おしゃれな人、センスのある人はとにかく小物使いがとても上手です。ちょっとした小物の使い方によって、自己流のファッションを完結させることができ、トータルコーディネートができるでしょう。例えばキレイなコーデでも、遊び心をプラスするために小物で抜け感をプラスするとただのキレイなコーデよりもワンランク上になります。 帽子をかぶるだけでおしゃれに見える? 手軽に取り入れられる小物といえば帽子です。ベレー帽、キャップ、ニット帽、ハンチングなどいろいろなタイプの帽子がありますが、帽子をチョイスするだけで一気にあか抜けた印象になります。そのファッションに合った帽子をかぶればトータルコーディネートの完成です。 まとめ 小物選びは楽しい反面、ファッションに合っているか不安になってしまうかもしれません。まずはシンプルなものから取り入れて、カラーを意識しながら、トータルコーディネートを楽しんでみましょう。小物でちょっと遊んでみると、センスがよく見られますよ。
読み続けて

2020年のトレンド予測について解説

もうすぐ2019年も終わりに近づいていますが、2019年も色々なトレンドの服ものが流行りましたね。 せっかくおしゃれをするなら、トレンドを意識したコーデをしてみたいという人も多いはずです。ここでは2020年にヒットしそうなトレンドファッションの予測をしてみましょう。 グリーンカラーはトレンドカラーとして大注目 その年には人気がでる流行のトレンドカラーを取り入れるだけで、一気に垢抜けた印象になります。 トレンドカラーは毎年違いますが、2020年、どのブランドも一押しとして挙げているのがグリーンです。 グリーンと一言でいっても濃い緑か、薄いグリーンかによっても雰囲気はまるで番うでしょう。 自分に似合うグリーンを選んでみるとよいでしょう。 小物アイテムで取り入れるとハードルが低い いくらグリーンが流行っていても、洋服をグリーンで統一するというのはちょっと恥ずかしいですよね。そこでファッション本体に取り入れるのではなく、アクセリサリーや靴などワンポイントで取り入れるのが一般的となります。ちょっとした小物アイテムでも取り入れるだけで、垢抜けた印象を持たれることが多いでしょう。 バミューダパンツを取り入れてみよう 2020年は昨年人気を博したトレンドアイテムといえばバイカーです。2020年にはバミューダパンツがくるでしょう。バミューダパンツは膝丈前後の細見のパンツのことであり、流行が繰り返しやってくる必須アイテムといえるでしょう。さらに王道のデニムもボトムスとして注目されています。デニムでは1990年代風のシルエット、色落ち、半端丈が人気ですよ。 そのほかのトレンドアイテムとは? トレンドアイテムはたくさん登場していますが、そのすべてを網羅することはできません。 シンプルで飽きの来ないデザインであれば、トレンドに関係なく永久に着続けることができますよ。 他のトレンドアイテムとしては、ベージュカラーのヌーディーカラーを合わせて着こなす、グラデーションコーデやボアコートなどです。トレンドは次の年には終わっていることも多いです。コスト的には抑えたアイテムを選びたいですね。 まとめ 2019年も色々なトレンドが生まれ、いろいろなファッションが流行りました。毎年流行、トレンドになるものは違いますが、2020年は変化の年になるといわれています。 自国でオリンピックが開催されるということで、オリンピックイヤーになりますし、オリンピックによって景気がよくなることが期待されています。オリンピック効果で、トレンドにも変化が生まれそうですね。
読み続けて